鍼灸マッサージ指圧の適応症

経験的に鍼灸マッサージ指圧が有効であるといえる適応疾患

急性腰痛、ぎっくり腰、慢性腰痛、坐骨神経痛、椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、陰部痛、むち打ち、頚椎症、頚椎ヘルニア、頸肩腕症候群、四十肩、肩こり、三叉神経痛、肋間神経痛、顔面神経痛、顔面神経麻痺、自律神経失調症、脊椎過敏症、リウマチ、変形性膝関節症、頭痛、頭重、アトピー性皮膚炎、喘息、下腹痛、胃腸病、更年期障害、月経随伴症状、動悸、めまい、胸の痛み、耳なり、食欲不振、スポーツ障害、悪性腫瘍、便秘、不安神経症、ノイローゼ、不眠症、ストレス症状。

世界保健機関(WHO)による鍼灸の適応疾患

頭痛、偏頭痛、三叉神経痛、顔面神経麻痺、メニエール氏病、白内障、急性結膜炎、近視、中心性網膜炎、急性上顎洞炎、急性鼻炎、感冒、急性扁桃炎、歯痛、抜歯後疼痛、歯肉炎、急性咽頭炎、急性気管支炎、気管支喘息、食道・噴門痙攣、しゃっくり、急性・慢性胃炎、胃酸過多症、胃下垂、麻痺性イレウス、慢性・急性十二指腸潰瘍、急性・慢性腸炎、便秘、下痢、急性細菌性下痢、打撲による麻痺、末梢神経系疾患、多発性筋炎、神経性膀胱障害、肋間神経痛、頚腕症候群、坐骨神経痛、腰痛、関節炎、夜尿症。