頸部、肩背部などのこり感を肩こりといいます。

不快な肩こり感とともに頸部、肩背部などの筋緊張や筋肉の硬化をともない、ひどいときは痛みをともなうこともあります。

肩こりは客観的に筋緊張や筋肉の硬化を認める場合もありますが、時には主観的な肩こり感だけで、触っただけでは、どの程度の肩こりなのか判らない場合もあります。

肩こりは、4つの型があるといえます。

主に後頸部のこるもの、肩上部の中間がこるもの、背中の肩甲間部のこるもの、そしてこれらの複合したものです。

肩こりの原因には、血液やリンパの循環障害、肉体的・精神的疲労の蓄積や不眠症によるもの、肩関節周辺部に疾患のあるもの、婦人科疾患によるもの、眼、耳、鼻、喉、歯などに疾患のあるもの、胸腹部内臓に疾患のあるもの、高血圧症など全身的な疾患によるものなどに大別できます。

肩こりの原因を特定できるものは特定し、その原因を除去するような治療をすることが必要であり、原因や症状によって、それぞれその治療法が異なります。

1 一般的な肩こり

(血液やリンパの循環障害、肉体的、精神的疲労の蓄積や不眠症による肩こり)

肩の周辺の筋肉の使い過ぎや誤った使い方、良くない姿勢による疲労の蓄積、肉体的、精神的緊張の連続やストレスの蓄積と、緊張の連続およびストレスの蓄積による不眠によって疲労が回復しないという悪循環によって起こるようです。
例えば、長距離の自動車運転や、長時間にわたる連続した会議などに、その人の生理的限界を超えた場合、疲労感とともに肩こりを訴え、疲労感はとれても肩こりだけが残るということがあるようです。 これは、蓄積された疲労やストレスが、その人の自己治癒力、修復力の減退や睡眠不足、有酸素運動不足などによって回復しきれないものであり、とりわけ自己治癒力、修復力が減退する中年過ぎに多く、少しの無理でもひどい肩こりが残るようです。

2 肩関節周辺部に疾患のある肩こり

極めてまれな疾患まで含めると、その数は多く、決して少なくないようです。 脊髄症、頚椎の炎症、頚椎や頚髄の腫瘍、外傷性頚椎、頚髄損傷など、鍼灸、整体などの東洋療法の不適応や慎重な対応を必要とする疾患もあり、その病態も複雑であるといえます。

しかし実際の鍼灸、整体などの東洋療法においては、その多くが血液やリンパの循環障害、肉体的、精神的疲労の蓄積や不眠症による一般的な肩こりが一番多く、次に五十肩、頚肩腕症候群、むち打ち症、頚椎変形症、頚椎症性神経根症、頚椎椎間板ヘルニア、胸郭出口症候群、乳がんや舌がん手術後の肩こりなどであり、そのほとんどが、鍼灸、整体などの東洋療法の適応する疾患と考えられます。

しかし、上記の不適応疾患や、鍼灸、整体などの東洋療法のみでは十分な効果が期待できないと推測される肩こりや病気も当然あります。そんな場合は、専門の病院や診療所の受診をおすすめ致します。

3 婦人科疾患、月経異常を伴う肩こり

ご婦人は月経閉止期、すなわち更年期になると強い肩こりを感じる方が多いようです。更年期だけでなく、月経不順、月経痛、足の冷えやむくみなどによって、若い人でも肩こりを強く訴える方がおられます。

肩こり、月経不順、月経痛、足の冷え、むくみなどで、治療した方で、不妊で悩んでおれれる方が数人おられました。当院では、不妊の施術として、特に行ったわけではありませんが、月経不順、月経痛、足の冷え、むくみなどが治った方で、数人の方から、「妊娠し、子宝に恵まれました、ありがとうございます」と、感謝されたことが、何回もあります。これは、もしかしたら、鍼(はり)灸、温灸、整体などの東洋医学系物理療法には、肩こり、月経不順、月経痛、足の冷、やむくみなどを治すだけではなく、不妊の方が、子宝に恵まれる可能性を高くする何か大きな力があるのではなかろうかと考えています。子宝に恵まれるということは、まずは、健康になること。その先に、妊娠という結果が待っているのでしょう。なので、これからは、機会があれば、積極的に、不妊の方の施術についても、挑戦してみたいと考えております。不妊でお悩みの方も、あきらめることなく、ぜひ、ご相談ください。
健康になって、子宝に恵まれましょう。

4 眼、耳、鼻、喉、歯などの疾患によるもの

例えば、近視、遠視、乱視、眼精疲労、目の疲れ、長時間パソコンのディスプレーを凝視していたことによる目の疲れなどが、肩こりの原因として考えられます。 耳では慢性中耳炎、メニエール症候群、鼻では慢性副鼻腔炎、歯槽膿漏など、肩こりの原因になっていることがあるようです。

5 胸部内臓(心臓、肺、気管などの疾患)

(腹部内臓では、胃下垂症、胃アトニ―など)

胆石症の右肩こりと右肩の痛みはよく知られています。便秘の方が肩こりを訴えることもよくあります。

6 高血圧症による肩こり、貧血による肩こり

自律神経失調症や神経症では、全身倦怠、めまい、耳鳴り、動悸、頭痛、頭重、背中の痛みなどとともに肩こりを感じることがあるようです。 肩こりで反応の多く現れる部位、身体の過緊張が現れる部位、経絡、経穴(ツボ)は、経絡的には、肺経、大腸経、心経、小腸経、膀胱経、心包経、三焦経、腎経、胃経、胆経が多いです。

肩こりについて、難しいことをいろいろ書いてきましたが、それは要するに、当院における鍼灸、整体などの東洋療法は、肩こりのことをある程度確認し、上記の経絡の経穴(ツボ)を判定点及び施術点とし、経絡、経穴(ツボ)の気血の循環を良くし、身体の血液、リンパ、栄養物質の循環を良くし、人が本来持っている自己治癒力、修復力、免疫力、自己防衛力を高めて、肩こりなどの病気を完全に、一日でも早く治すことを目標にして治療しているからです。